任意売却の情報はこのサイトをチェック

そもそも任意売却と競売とは何が違うの?

そもそも任意売却と競売とは何が違うの? 住宅ローンの返済が困難になった場合、他から資金の調達ができない時は住宅を売却してその代金を返済に充てることになります。
その際、一般的には任意売却と競売という2通りの売却方法があります。
この2通りの方法には、大きく分けて2つの違いがあります。
1つは、買い手の探し方です。
まず前者は名前の通り任意の相手に住宅を売却するので、通常の中古住宅と同じように買い手を募集し、交渉を行います。
もし価格面などで折り合いがつかなければ、別の買い手を探すことも可能です。
これに対して後者では競争入札の形で強制的に売却を行うため、売り手は買い手を選ぶことができません。
もう1つの違いは、手続きの進め方です。
任意売却では、債権者である金融機関等の同意が得られれば、売却の期限や代金の入金期限などにある程度の融通を利かせることができます。
これに対して競売では、すべての手続きは裁判所が定めたスケジュールにのっとって進められることとなります。

任意売却は自らの意思である程度決めることが出来る

任意売却は自らの意思である程度決めることが出来る 住宅ローンの返済が難しくなった時に選択肢の一つとなるのが任意売却であり、競売とは違い自らの意思である程度の内容を決めることが出来るという点が魅力となっています。
通常の不動産取引と同じように売却することが可能ということでもあり、競売よりも高値で売れる可能性がかなり高いことは間違いありません。
持ち出し金が不要で手間がかからないという点や、業者に任せることにより知識が乏しくても安心して売却することが出来るといったメリットもあります。
任意売却をする際には住宅ローンが残ってしまうことが大半であり、債権者が売却する金額を決定することができます。
売却金額により住宅ローンの回収金額が変わるので、当然のことではないでしょうか。
金融機関は任意売却を進める過程で、独自のルートで不動産の査定を行って売却金額を提示してくれるので、おおよその相場を知ることができ金額を決めるときの参考にすることができ、相場よりもあまりに高値では当然売れないので気をつけなくてはなりません。

新着情報

◎2023/4/17

情報を更新しました。
>任意売却を弁護士などに代行してもらった方が良いケース
>税金滞納や住宅ローン滞納なら任意売却を!
>売却前の準備は必須!任意売却に必要な書類とは?
>任意売却を進める上で注意するべきトラブルとは
>任意売却は不成立に終わることもあるので注意

◎2022/1/17

情報を追加しました。


>任意売却の資格制度により健全な取引を実現
>任意売却なら競売よりも市場価格に近い値段で自宅を売ることができる
>任意売却を成立させるために必要となる時間
>一般的な売買よりも金額が低くなる任意売却
>任意売却の後の残債などについて解説します

◎2021/9/17

アンダーローンの解決も
の情報を更新しました。

◎2021/7/19

成功事例からわかること
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人通りすがりに横から失礼します盾の二期は無職で例えるとヒトガミの存在消してルーデウスに御神体を売却させてロキシーに塩なりEDも発症せず異世界で本気出す展開も消されエリスがすぐ諦める意思の弱い人物になってみたいなのです
-->